パート薬剤師の 求人

薬剤師の求人数として最も多いのは正社員

薬剤師の方の中には、資格を取得し一度は就職したものの結婚により退社をしたり、体調不良で仕事を辞めるということもあるのですが、このようなケースで仕事に戻る際には正社員ではなくパートをあえて選ぶことがよくあります。

正社員と比較するとデメリットもありますが、メリットの方に目を向けてみると非常に使い勝手が良い雇用形態となりますので希望する方も多いのですが、実際のところ求人数はどれくらいあるのでしょうか。

まず求人数として最も多いのは正社員となり、その時々のニーズにもよりますが全体の約半数ほどになる場合もあります。

特に調剤薬局やドラッグストアなどは成長著しいということもあり正社員での雇用を求めるケースも多いのですが、その一方で非正規も約半数ほどを占めることになります。

では非正規の中でパートが占める求人数の割合はどれくらいになるのでしょうか。

この点もまたその時々のニーズにより変わるのですが、派遣社員や契約社員はそれほど多いわけではなく非正規のほとんどがパートで占められています。

会社側からしてみればアルバイトなどとして雇用した方が給料の面でも社会保険の面でも会社の負担が少なくなりますので、メリットとして大きいということがポイントになります。

将来的な事を考えると安定した職場に就いたほうが良い

加えて薬剤師の資格をお持ちでありながら現在のところ資格を生かした仕事についていないという方も非常に多く、そうした方の場合は正社員で働くことが難しいという状況にありますので、正社員の人手不足を補うためにパートやアルバイトとしての雇用の窓口を広げたいという会社側の思惑もあるのです。

ただ薬剤師の仕事に関しては非正規の雇用でこの先どのような変化をしていくかは不透明な部分があり、数年前には登録販売者の制度が新設されたことに加えて薬科大学の制度の一部で変更があるなど、様々な変化がここ数年で起きています。

一説ではこれから有資格者が増えて余るという事態もあるといわれていますので、できるだけ安定した職場に就いたほうが良いでしょう。

薬剤師単発・パートで働く メニュー

薬剤師単発・パートで働く トップへ
パート薬剤師で働くデメリット
パート薬剤師の求人はどれくらいあるの?
薬剤師 パートの求人サイトの利用について
パート薬剤師 失敗しない仕事探しは?