パート薬剤師 デメリット

薬剤師 単発・パートのデメリット

薬剤師の方がパートで働く場合には思った以上に様々なメリットがあるのですが、その一方で少なからぬデメリットもありますので、双方のバランスを見つつどのような雇用形態を選択すべきかよく考える必要があります。

まずパートで薬剤師の仕事をする上でデメリットになるのは、雇用が不安定であるという点です。

正社員とは立場が異なりますので長期的な雇用が確保されているという保証は全く無く、店や会社の都合により契約を更新されないということも考えられます。

また雇用が安定しないというのはその場限りのことではなく、パートで働く期間が長くなればその分だけ正社員としての雇用が難しくなるという事情もありますので、将来にわたり影響が続いてしまうこともあります。

薬剤師という資格で見た場合にはニーズも高いのですが、正社員として働かなかった経歴に対してどのような見方をするのかは勤め先により変わってしまいますので、将来を考えればできるだけ早く正社員へシフトした方がよいといえます。

とりわけ正社員との違いでは収入の面での格差が大きく、非正規の場合にはボーナスが無い上に退職金も受け取れませんし、福利厚生サービスも受けることができません。

いくら他のアルバイトと比較して時給が高くても、将来にわたり受け取る金額のことで考えればデメリットは非常に大きいといえます。

店舗や会社での立ち位置は一番下

またそれ以外にも店舗や会社での立ち位置は一番下になりますので責任ある仕事は任されず、どちらかといえば誰にでもできるような仕事ばかり任されるという事があります。

中には責任を負わない単純な仕事の方が楽だという方もいるのですが、実際に働く中ではご自身の意見が反映されないことに苛立ちを覚えることもありますし、向上心を持って仕事に望もうとする方の場合は出鼻をくじかれることにもなりかねません。

この立場の弱さゆえに嫌な思いをしたり意見を具申できないなど様々な葛藤を生むことになりかねず、このあたりもまたデメリットといえます。

薬剤師単発・パートで働く メニュー

薬剤師単発・パートで働く トップへ
パート薬剤師で働くデメリット
パート薬剤師の求人はどれくらいあるの?
薬剤師 パートの求人サイトの利用について
パート薬剤師 失敗しない仕事探しは?