薬剤師 単発・パート

薬剤師 単発・パートのメリット

薬剤師の雇用形態には様々あるのですが、そうした中で派遣、パートやアルバイトとして働くことを考えた場合にどのようなメリットがあるのでしょうか。

このパートで働くというのは正社員ではなく非常勤雇用ということになりますので、まず第一にご自身の都合に合わせて自由に働くことができるというメリットが挙げられます。

派遣も同様に勤務日数や時間などで融通を利かせやすいということがあります。

事情があって正社員として働く事が出来ないけれど、薬剤師として仕事をしたいという方がこうした派遣薬剤師やパートとしてお仕事をされている場合も多いです。

派遣であれば単発派遣といった働き方が可能な場合もあります。

平日は家族との時間を優先したので土曜か日曜だけ薬剤師 単発で働く、といった働き方も可能でしょう。

単発であっても薬剤師を必要としている職場は意外と多いんですね。

正社員であれば1日8時間・週5日間の勤務が定められており、出勤時間と退勤時間にも縛りがあります。

しかしこうした縛りというのはすべての方の生活スタイルにあったものではなく、例えば主婦の方であればご家庭でやることもあればお子様の子育てなどもありますのでフルタイムでの勤務は非常に難しくなります。

またご家族で介護やお世話が必要な方がいる場合、またはご自身の体が強い方ではなくフルタイムが難しいということもありますので、そうした時に勤務時間や曜日などをご自身の都合で決めることができるというのは非常に便利であり、自由に働けるという点は非常に大きいといえます。

高時給の薬剤師求人が多い

続いてパートで働くメリットとして挙げられるのは、、意外にも時給が高い仕事が多いという点です。

確かに一般のアルバイトなどとは異なり、薬剤師は特別な資格を有しての仕事になりますのでその分だけ時給が加算されることになるのです。

そうしたことから薬剤師の場合は時給2000円を大きく超えてケースによっては5000円ほどになることもあるのです。

また非正規ながら待遇や条件が良い求人も多く見受けられますので、ご自身が求めるところにより高待遇夏と目先候補を探すというのも難しいことではありません。

さらに給与について比較する際には、単に時給の大小だけ見るのではなく、社会保険に加入することができる場合もありますので、将来的に見たときに当然こちらの方のメリットが大きいといえます。

ただ社会保険に関しては一定の労働時間や就業期間を満たす必要がありますので、ご自身が希望している仕事量とマッチしているかはよく確認しておきましょう。

薬剤師 人材紹介会社なども活用すると仕事を見つけやすいでしょう。

薬剤師単発・パートで働く メニュー

薬剤師単発・パートで働く トップへ
パート薬剤師で働くデメリット
パート薬剤師の求人はどれくらいあるの?
薬剤師 パートの求人サイトの利用について
パート薬剤師 失敗しない仕事探しは?